割に合わない仕事から抜け出す勇気を 宜しい、ならば派遣だ

如何にして増税へ持っていくべきか? クズは自分の保身が最優先、詐欺師の思考
とにかく権力のイスから離れたくない! こうなったら人として終わり、誰だろう
一生懸命に会社に張り付いて割に合わない責任と薄給 こんな仕事はやってられん
そうだ、努力の方向を間違えてるじゃないか皆さま 少し頭を捻れば打破は可能だ

メニースターズ
第170話 先駆者

原案だと第三部の19章に入る部分です、ここのサブタイトルは逆襲だった気がする
前回はパイオネスのAチーム側が近場の奪還作戦に成功してる 楽勝ではないので
ト書きも地の文も基本は変わらないんじゃね? とか勝手にやらせて貰ってます!
                   ・
                   ・
                   ・
             アスラム軍は何を考えている?
「遠征軍は何をもたもたしてる! アーク連邦の出足が鈍ってる隙にさっさとネオ
レジデンスを奪ってしまえ、今やブラックマンバより我らの勢いの方が上」敵将E
「こちら側はどういう事か西方面に注意を払っている、我々の偵察隊とは別の勢力
と争ってるのか、今が好機ではなかろうか 東大陸の前哨基地も整ってる」同僚L

ブラックマンバとは正反対に構えてる北側の本部、この連中は幹部クラスの予感だ

「俺は何時でもいけるぜ、そろそろ表舞台に出せとこの間の作戦会議で煽られたな
・・・今の戦力なら連邦の本陣前まで進軍可能なハズだ やっちまうか?」仲間A
「よし同時展開だ、東大陸の前線には私が出向く セントラル共和国が邪魔してる
だが、もう遅いわ 連邦側は諸々お任せする、包囲の準備を始めておけ」将軍のH

会議中だった様だ、スケールが大きいほど俺だけチートで自己満足は描けない理由
銃を構えてのFPSでは方向性が違います SRPGのターン制が基盤のストーリーです

「分かった、アーク連邦め小競り合いは終わりだアスラム軍の本気を見せてやろう
我らの裏には奴らが控えておるのだ・・・度肝を抜いてやる 覚えておけ」戦時中

作戦を練るのは北大陸とて同じ、一方の方角だけに注意は払えない 各勢力の懸念
・・・やはり読者達の協力が必要になります 東セントラルからは見えない部分が
邪悪と対峙してるのはパイオネス以外にもいる、そちらに視点は切り替わる予感だ

 

           北大陸 アーク連邦から某南西区域にて
「随分と視界が悪いな、情報だとアスラム軍ではない部隊がこの周辺に潜んでいる
確認は取れておらず 西大陸の部族が連邦に仕掛けるには距離が遠すぎる」幹部S

この間の会議で疑念の渦巻いていた箇所、どうやら小隊を派兵してる感じがするが

「妙だな? 近くにそれらしき部隊の姿はありません、誤情報だったか 偵察隊は
何を見たのであろうか、気になりますが今の所は異常はない様に思えます」親衛隊
「逆だよなアスラム軍とは方向が、中央の山岳地帯は人間が住んでいる気配はない
いつ噴火するか分からんし・・・周囲を探索したら一旦戻りますか」発見は出来ず

暫く周辺を警戒していたが目ぼしい情報は得られない、ところがだ 森林の端側に
ぼんやりと光る何体かの影を常連は見抜いたのだ 理由は以前にも知っていたから
マンデリンと関わってないと視認が難しい種族がこの大地へ来ている 遇っている
アーク連邦の兵士に感知は出来なかった・・・そのまま小隊は撤退してゆくが――

「兵士達は引き返しましたが、違う! 連邦より我々を警戒して行方をくらました
居ませんね 隠れたのか? アスラム軍では無さそうです、要警戒ですな」鉄仮面
「カテドラルに先手を取られた 東と西は繋がっている、中央部は火山地帯だけど
我々以外にも注意しといた方がいいいかもよ アイツの仲間が見てる気配がする」

(;´Д`) エルフ族の様な風貌、更に近未来的なジャケット姿の上官らしき人物が
驚いたのは背後に構えている銀の鱗を持つ龍に似た影模様 ハッキリは確認出来ず
まるでピンボケした写真が空間に揺らめくかの如く・・・確かにどこかで見ている

「黄金郷がカテドラルを引きずり出した 居ない様ね、一度中央の基地に戻るわよ
我々に噴火は関係ないけど、次は南か北か こっちも準備に入らせて貰おうかな」
「西の地下に余所者が潜んでいる様だが無駄な事、真の強者は天空の支配者なり!
大地は現に過ぎん、隠れおったか まあよいわ 向こうも人に在らずよ」消えた?

疑問に感じる読者の意見では前作に飛来して来た勢力ではないとの事、誰だろうか
時間は流れています もう一つ気になっている南大陸の状況は・・・正に跳梁跋扈
                   ・
                   ・
                   ・
              ルーハン王国 戦略会議
「来たぞ、敵襲だが慌てるな カムイ戦線の前線では城門を突破出来まい、我等の
親衛隊を侮って貰っては困る、各部隊は私に続け 絆を舐めるな」隊長のグラーノ

※他作にインスパイアされた部分はありますが二次創作は出来ないオリジナル戦記

「了解であります、奴等め 今度はどの戦技を叩き込んでやろうか 鉄壁のキング
ガードが相手だ(!)カムイ戦線め・・・以前よりも規模を拡大している、だが」
「正面の守りは我らにお任せを、陛下には指一本触れさせん 密集隊形からのカウ
ンターで空中殺法でもお見舞いしてやろうか ミラーイメージしておけ!」マジか

加勢しているのは古代の三銃士とアスモデウスの側近だった軍師役のレオノーラだ

「本気で落城を狙って来た感がしない、・・・正面の部隊は時間稼ぎかも知れない
本陣が落ちずとも後ろの塔に回り込まれては 両翼への対策が遅れてしまう」とな

南大陸は王国の後方へ続く道を進んで行くと奇妙な形状をした高塔がそびえている
普段から禍々しい雰囲気が立ち込めており、地元の兵士は嫌がり誰も近くに行かず
非常に攻略の難しい箇所だと古い知人は語る(多分本編クリア後を想定してる)と

「城外への迎撃には我々三銃士が対応します 奴等も本腰を入れて来たという事で
今は他の大陸に上陸出来る程に強力な部隊になっているのか、クソ」射手イーグル
「予想が当たるならば 急げ、東以上の邪悪が解き放たれようとしておる 八卦よ
・・・これは? 線か、点は我らには紡げぬ 心せよ」占いが得意な巫女のミズキ

SRPGStudio イベント画像 ルーハン王国の城内 カムイ戦線と敵対中

「魔人がカムイ戦線に召喚されたらこの大地は地獄と化します、ブックに書いてる
カウント2.9ならフォール負けでは無いと言う事 ノリを大事にする様にと」スバル

(´Д`;) メインイベントなら会場から大きなどよめきが起きる事でしょう(アホか
どこまで本気かイマイチ掴みにくい発言 やれるのか、おい! 冗談では済まない

「おのれ奴等め、王国の撃沈は二の次ではあるまいな 数年間で急激に強くなった
最大限の体制であたってくれ、予想以上に大挙してるやも知れんな」トルード国王

危惧されているように既に偵察の一部とパイオネスのBチームが東大陸で接触した
大地の浄化を謳う邪悪の指導者とその取り巻き、セントラルから追放された旧貴族
悪魔の手先を引き連れて進軍中の最中であった・・・そちらも併せて探って下さい

 

             場外から離れた小山付近にて
「ホホ この丘の先に見えるのがル―ハン王国ね、上級貴族のワタクシが小国ごと
きにひけを取るか・・・木偶共のヘドロをお見舞いしてあげるわ、カスめ」接近中

闇の力を分け与えられている流れ落ちた貴婦人、だったと言うべきか 現在は手下
魂を売って得た力を試したくて士気は高めの様子 東大陸のブタよりは素質がある

「ヒッヒ、エキドナ様 我等本部より存分に暴れてこいとの通達を頂いております
小汚い国は掃除が必要かと、強敵は城門前のみ 別動隊を迂回させては?」デビル
「・・・ごぁぁぁ 粉砕だぁぁ ゴボ、ゴボ グげえ」実験は好調の哀れな木偶達
「王国の後ろに例の高い建物がそびえてるわね・・・奴等の所有ではないのかしら
本部から私以外も来るらしいからこのまま進軍するわ、ぶちまけてやる」最悪です

一か所だけを集中してお伝え出来ないのが本作最大の欠点、三人称の多元と思われ
いわゆる神視点とは異なり全てを把握は出来ない 読者の目線との情報共有を採用
第三部のメインキャラはパイオネスの為シーンはそちらに入れ替わる、世界は広い
因みに三人称一元方式だと主役を後ろから随時追いかける形 ゲームには多い仕様
                   ・
                   ・
                   ・
              東大陸 黄金郷の待合室
「これ位で大丈夫かな、こっちの基盤は作っておいたわ 入り口の魔法陣ってわけ
共和国に帰らないのかって? カテドラルはピジョン達が何とかするんじゃない」

セントラルの方はまだ構築する猶予が無さそう、向こうは敵対勢の防衛に負われる
マンデリンは余計な仕事はしない現金主義! 客用室で茶を飲んでいるメンバー達

「余裕のアフタヌーンティーをしてても大丈夫だろうか、私は共和国側が心配だよ
白銀兵団は強力だが相手は人ではない ジェスが機転を利かせる事を願う」ブレア
「ラビのお友達次第じゃないのか向こうは、ミスリルを入手してたのも俺等の力量
じゃないぜ マネージャーが指示を出すまで表に出たら駄目だと」不安なレックス

実は眼を離してる隙に交渉を持ちかけるキャラもいる、原案ではBさんがその一例
どうやら導師さんは脇役に不満との事です、アビゲイルも自己主張は強い方ですが
各自に役割があるので特定の人物が英雄になってはバランス的に継続が難しい側面
第一部でロットシルバー氏が勇者なのに限定された活躍でした 全体としての戦記

「ハイお疲れ~♪ 某運動会は延期されても開催されてた頃なんだな、時間は早い
例のパンデミックで大騒ぎになると、企画時には誰も足止めを食らうとは」思い出
「プロジェクトが頓挫して大打撃を被ったのは個人よりも大手ではないでしょうか
その辺の話題は本編から逸れますのでご了承ください 他者の心配の余裕はなし」

ロウ大師は見聞としての知識は高めで、クローバーは直接の現場にタッチは不可能
役職としてオーナーが若手を引き連れているので派手な行動は慎んで頂きます(w
今は株主総会に出席してるのではありません・・・エルドラド姉妹は出入りしない

「何で憂鬱な顔してるの君達、若いギャルとキャッキャうふふ♡、とか夢見んなよ
特にそこのエスパー 図星かこの野郎が、世代間で折り合いが良くないってよ」♣
「へっへ、何で一斉に俺の方を見てるんだ オリジナルはこれだから油断出来ねえ
よく分からんがこの先はマネージャーに任せていいのか? 参ったねこりゃ」若造

この間の雰囲気からして和気あいあいになる様子は感じない、二年越しの訪問です

「何か喧嘩でもしてるんじゃないか、三姉妹も事務的だったぜ あれだけ大勢だし
全員が同じ意見になるハズないだろ・・・主催したのは初代の方とか?」レックス
「企画した本人が寝てばかりだから謀反でもしたのか まさか飯の量で揉めるとか
AIだろ奴等は、タイミングが悪い時に戻って来たのか私等 どうせえと」エイミー

ここは役職が発言するべき、面倒だから現場で勝手にやりますだと途中で解雇事案

「ミスリル鉱石だけじゃエネルギー補給には役不足と言いたいんだろ、大量に持っ
て来れるか 現地からは距離があるし予想はついていた、他にもな」マネージャー
「パイオネスの部屋として提供されてるけど、基礎は自分達で作ったとしても実用
として発動するなら黒板以外の動力源がないと無理だと思うわ、でしょ」オーナー

魔術師系が補佐をしないとゲートは築けません、名付け役が責任者になりますので

「考えろ、1人だけ転送する訳ではないのだぞ、もっと言えば出口側を確保した上
で高出力が必要になる筈だ、持ち帰った鉱石はそれ程多くはないのだな?」ブレア
「せやな、部屋に魔法陣だけあっても宝の持ち腐れ状態、共和国と今から往復とか
勘弁ですわ・・・更に黄金郷内で不仲って何や 打ち切りでええのんか」神道はん

モチベーションがずっと維持出来るなら毎年新作を発表してるかも、現実は厳しい

「目標の元素930なんて取れっこないわ♪ ミスリル鉱石で苦戦してるのに エル
ドラドまで雲隠れしてる現状で放置されたわ私等、宴会して辞めるか」投げやり🐰
「大御所殿! ご冗談を、何の為に分隊したのですか 首都側は私達が最善を尽く
すと信じているハズです 策を講じるべき、新たな行動を取らなくては」ロウ大師

「ラビが開き直ったら俺等お終いじゃねーのかこの旅、不仲中ってマジか誰がこの
先指示すんのよ 三姉妹も機嫌が悪いのに進展すんのか、仕事なくなったわ」ハル
「言うと思ったぜクローバーさんには 君達がやるべき事を考えるのが裏方なのよ
東大陸に居たら手詰まりなら? 人員が欲しい場所をアシストすればいいじゃん」

・・・各自無言でコーヒーを啜る どうやら内心は派遣の予感がしてるメンバー達
全員が集まっていないので、万が一クビになったらBチームが敗戦の原因になるが
お断り出来ない状況に追い込まれてしまいましたよ皆さん 組織戦は頭脳プレーを
強敵だと予想されるカテドラル以外の勢力にも敵対した後なんですね、絶対ヤバい

「嫌な予感がする、夏にキツイお仕事取って来たとか離島で玉ねぎ栽培ではなさそ
うね、何をさせる気かしら 今こっち8人・・・野菜案件じゃないんだろうな」侍女

さあ、あなたも治安の良好な土地で最新技術を学んでみませんか? 実習生は奴隷

                                 第170話 先駆者 5049文字 (続)

第一部と二部は発表済みです 気になる方はこちら☞ メニースターズ ゲーム版

SRPGStudio イベント画像 黄金郷で会議中 派遣案件の予感 本音は断りたいパイオネスのメンバー マネージャーはクローバー

世の中には日当8500円でクマ退治して来いとの無謀な提示をする役場すらあると言う事だ

現場の苦労など全く考慮しない公務員様は 完全に舐めてますね、クソ眼鏡はその最上位

次回 内容がすかすかだと打ち切りの危機を迎える理由になる 

>投稿サイトでも掲載中(画像は無し)

投稿サイトでも掲載中(画像は無し)